INDEX
 
 HOME
 

 

 勝山さんのコラムです。 
 同じ刈るでも色々ありますね〜
 少し前になりますが、地区の草刈り作業がありました。
 
 8名での作業で全員が草刈り機を使い公会堂の周り、
 ゲートボール場など結構な広範囲、自分もこの時とばかり
 ウエストシェープアップのチャンスだと張り切って、
 草刈り機を振り回し約2時間近く汗だくでやりました。
 
 経験のある方は、分かってもらえると思いますが、
 普段運動不足な私には結構な作業です。
 メンバーの中には、森林組合の人、ゴルフ場に勤めている人、
 建設業の人などその道のプロもいました。
 やっぱり刈るのが早くて上手い、持っている道具が違う、
 あっぱれ?って感じでした。
 
 それから数日後の事ですが、我が家の隣の家に、
 植木屋さんが来ていて、時々家の人に話しを聞きながら
 松の木や庭木等の剪定作業をしていました。
 ハサミと電動バリカンを使って3日間かけて終わったようです。
 
 仕上がった庭木を我が家の2階の窓から見させてもらいましたが、
 素人の私が見ても綺麗に整っていて凄く見栄えがする。
 これなら少しお金を出しても価値があるな〜と素直に感じました。
 (そうは言っても…私はお金は出しませんよ(笑))
 
 同じ刈るにも草刈りのように長くなったら、
 短時間で短くスッキリさせる作業もありかもしれませんが、
 植木屋さんのように、短くしながらもお客様の要望を聞き
 少しお金を出しても価値があり、なおかつ納得して貰える仕事は
 私たちと共通しているところがあると感じられました。
 
 私たちの仕事も、形として残るやりがいのある
 魅力的な職業である事だけは確かである。
 
 
    バックNo. 2018 9月 10月 11月 12月 2019 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月
 
   

    

        Copyright (C) Naganoken Riyo Association All Rights Reserved.