INDEX
 
 
 HOME

 

 

 『100年前の偉人』

 新型コロナウイルス感染も
 長野県ではだいぶ落ち着いてきました。
 感染警戒レベルも全県で1(平常時)に
 引き下げられましたね。ワクチン接種と共に
 だんだん終息に向かってくれれば…と思います。
 
 以前にもこの編集後記で書いた100年前の
 スペイン風邪ですが、長野県内にも偉人がいました。
 須坂の「製糸王」と呼ばれた越寿三郎さんです。
 越さんは名刺の裏の挨拶文に加え箇条書きで
 「時間を守る」「酒は総て手酌」「盃のやり取りはしない」
 「自他ともに飲食を強要しない」「宴会は1時間限り」の
 5項目を記してありました。まさに感染予防の先駆け!!
 
 「当面の間守る」の表記から3密を避ける為、
 自ら宴会を控えたいと周囲に宣言したものではないかと
 推察され感染症に対し、自らを律する事を知っている
 越さんらしい意識の高さが感じられると言われています。
 
 いつになったら皆で宴会が出来るのかとやきもきしている
 小生とは雲泥の差である。
 ちなみに越さんは時の人渋沢栄一とも親交が深かったそう。
 偉人は偉人を呼ぶ。
 今月のコラム >>>
 
          

 

        Copyright (C) Naganoken Riyo Association All Rights Reserved.